確認したい原材料

まずくない青汁

青汁

健康に良い飲料の代表格は、青汁です。しかし、青汁はまずいというイメージが定着しているため、毎日飲まれている方は少ないのではないでしょうか。どんなに健康に良くても、まずければ続けることはできません。そんなまずい青汁が、美味しいと最近評判になっているのはご存知でしょうか。 従来の青汁に加え、最近では別のタイプの青汁が登場しています。その大きな違いとなっているのが、主原料です。一般的に今までの青汁はケールと呼ばれる葉野菜が使用されていたのですが、最近では大麦若葉を使用した苦味の少ない青汁が登場しているのです。また、苦味が少ないだけでなく、大麦若葉独自の成分が含まれていることも魅力の一つとなっています。例えば、体内に活性酸素が増えるのを防ぐカテキンなどが含まれています。他にも、クロロフィルと呼ばれる成分や食物繊維など、他の青汁とは違った成分バランスとなっているのです。

飲むだけではない摂取方法

大麦若葉を使用した青汁は粉末タイプのものが一般的です。そのため、水に溶かして飲むことが基本的な摂取方法となります。また、水以外にも牛乳や豆乳、フルーツジュースなどに溶かして飲むことも可能です。その他、水に溶けやすいため料理に加えるほか、自宅でパン作りをされている方にはパンの材料の中に粉末を入れることも可能です。 色々な摂取方法がある青汁は、健康になるために美味しく、そして飽きがなく続けることができるのです。販売しているメーカーやタイプも複数あるので、比較して一番合ったものが選べることも魅力の一つでしょう。